top of page

「マジェルカ」 リモートショッピングを継続

吉祥寺中道通りにある「マジェルカ」は、障害者が手作りした雑貨のみを販売するセレクトショップだ。延べ200カ所以上の福祉施設と取引を行い、商品作りや価格設定について提案している。しかし、新型コロナウイルスの影響を受け、4月8日から5月末まで店舗での営業を自粛。対応策としてZoomを用いたリモートショッピングを始めた。


このサービスでは、スタッフと一対一で会話をしながら商品を選ぶことができる。店舗での買い物と同様に楽しめるため「ずっとお店に行きたいと思っていたが実現できてうれしい」など客の反響も大きい。今後も遠方の人や、病気や障害により来店が難しい人などのために継続する予定だという。また、従来のオンラインショップと店舗で使える商品券の販売も開始した。ギフトとして商品券を贈ってもらうことで、より多くの人に商品の存在を知ってほしいとの思いが込められている。


同店は福祉施設と協力し季節ごとにフェアを開催。6月18日からは「マジェルカTシャツコレクション2020」を行っている。営業を再開した吉祥寺の店舗に加え、オンラインショップでの購入も可能だ。フェアや商品の入荷についての情報は、ホームページやSNS上で随時更新される。確認してみてはいかがだろうか。(大濵百花)



マジェルカ

Twitter: @majerca

Instagram: majerca



0件のコメント

成蹊大学 地震に備えて

首都直下地震の発生は予測できず、学生は大学で被災する可能性もある。災害時に私たちがとるべき行動と本学の防災への取り組みについて、成蹊学園防火・防災対策検討プロジェクトリーダーの藤野裕司財務部長に取材した。 本学では、震度4以上の揺れが予測される場合に大学構内で緊急地震速報を放送されることとなっている。放送が聞こえたら、窓の近くから離れ、ドアを開放して出口の確保をするなど、直ちに揺れへの備えを行う。

Comments


bottom of page