「マジェルカ」 リモートショッピングを継続

吉祥寺中道通りにある「マジェルカ」は、障害者が手作りした雑貨のみを販売するセレクトショップだ。延べ200カ所以上の福祉施設と取引を行い、商品作りや価格設定について提案している。しかし、新型コロナウイルスの影響を受け、4月8日から5月末まで店舗での営業を自粛。対応策としてZoomを用いたリモートショッピングを始めた。


このサービスでは、スタッフと一対一で会話をしながら商品を選ぶことができる。店舗での買い物と同様に楽しめるため「ずっとお店に行きたいと思っていたが実現できてうれしい」など客の反響も大きい。今後も遠方の人や、病気や障害により来店が難しい人などのために継続する予定だという。また、従来のオンラインショップと店舗で使える商品券の販売も開始した。ギフトとして商品券を贈ってもらうことで、より多くの人に商品の存在を知ってほしいとの思いが込められている。


同店は福祉施設と協力し季節ごとにフェアを開催。6月18日からは「マジェルカTシャツコレクション2020」を行っている。営業を再開した吉祥寺の店舗に加え、オンラインショップでの購入も可能だ。フェアや商品の入荷についての情報は、ホームページやSNS上で随時更新される。確認してみてはいかがだろうか。(大濵百花)



マジェルカ

HP: https://www.majerca.com/

Twitter: @majerca

Instagram: majerca



最新記事

すべて表示

2020年12月 並木道

世界中の人々が感染症に怯えながら過ごした2020年。日本ではそんな国民を元気づけるかのように「誰も傷つけない笑い」という言葉がメディアを通じて流行した。単刀直入に言うと、私はこの言葉を見るたびに不快な気持ちになる。笑いに限らず「誰も傷つけない」表現など、世の中に存在しないと考えているからだ。 「内面的・主観的なものを外面的・感性的にとらえられる手段・形式によって伝達しようとすること」(新明解国語辞

  • 成蹊大学新聞会公式ツイッター

Copyright © Seikei University Press All Rights Reserved.

  • Twitter Social Icon